NFT

Chocofactory-独自コントラクトで実現!あなたの絵が世界1点ものになる【デジコレ(NFT)】

みなさん、こんにちは!

この記事ではChocofactoryの使い方とOpenSeaでのインポート設定までを、全部網羅して解説していきます。

この記事で解決できる、あなたのお悩み
  • Chocofactoryの使い方を知りたい。
  • 自分の絵を、世界1点ものとして世の中に出してみたい。
  • Chocofactoryでデジコレ(NFT)をmintして、OpenSeaで販売してみたい。
  • デジコレ(NFT)売るとかしないけど、登録(mint)だけでもやってみたい。

今回はそんなお悩みを解決していきますね!

オロ子
オロ子
デジコレ(NFT)?独自コントラ・・・なんか、さすがに今回はハードル高くね?

ひらりん
ひらりん
たくさんの画像を使って説明しているので、初心者でもかんたんにデジコレ(NFT)を登録できるよ。安心してね!

オロ子
オロ子
でも、どうしてChocofactoryとOpenSeaの二つなのかな?

ひらりん
ひらりん
Chocofactoryでデジコレ(NFT)を作成して、OpenSeaで販売する。だからその2つのサービスが必要なんだ。

初心者でも、解説画像のとおりに進めれば、デジコレ(NFT)の登録まで完了できます!

この記事通りに進めると、こうなる!
  • あなたの絵を世界でたった1枚しかない、貴重な絵にできる。
  • 自分のデジコレ(NFT)をOpenSeaで販売できる。
  • デジコレ(NFT)が作られる工程を体験できる。

では、デジコレ(NFT)化する画像の準備はOKですか?
あ、でも著作権からんだものを勝手にデジコレ(NFT)化するのは当然NGですからね。

✅ChocofactoryとOpenSeaの登録にはPCのMetaMask(メタマスク)が必須なので、パソコンの画面で説明していきます。

✅ガス代として合計「約0.015MATIC(マティック)」を消費します。

まだ「MATIC(マティック)」を買ったことがない人は、こちらの記事でさきに入手してから、この記事に戻ってきてね。

https://cryptoneo.net/matic_01/

それでは、早速まいりましょう(^^

Chocofactoryの公式ページにアクセスしよう

Chocofactory公式ページ

アドレスは「https://factory.chocomint.app/」です。
アドレスバーで念のため確認ですよ。このちょっと手間のかかる事が、意外と大事。
大事故(詐欺や資金ロスト)を未然にふせいだりしてくれます。

それではウォレットを接続していきましょう。
公式ページ右上の「Connect」ボタンをクリックします。
「MetaMask」を選択していきましょう。

MetaMaskに接続の確認が出てきます。
それぞれ「次へ」→「接続」→「署名」をクリックして接続します。

 

 

接続が成功すると右上の「Connect」だった部分が「ウォレットアドレス」になります。

では画面中央の「Mypage」をクリックしていきましょう。

ネットワーク、コレクション名、シンボルを決めよう

Mypageとして開いた画面で右上の「New」をクリックします。

項目ごとに説明しますね。

「Network」
これはどのチェーンでデジコレ(NFT)を作成するかですね。
僕はガス代が安い方がいいので「Polygon(MATIC Mainnet)」を選びましたよ。

「Name」
ここでいうNameとは、作品が所属する大きなカテゴリや分類のことで、OpenSeaでいうところの「コレクション名」という意味合いになります。
例)コレクション名「くだもの」、コレクションの中の作品名「いちご」「みかん」「りんご」、、、みたいな感じです。
僕は「Shimaenaga_RainbowPuke_Art」と入力しました。

「Symbol」
ここでいうシンボルは通貨の単位ですね。仮想通貨でいうなら「ETH」「BNB」とかですね。
僕はNetworkでPolygonを選らんだので「MATIC」としました。

それぞれ項目を選び入力し終わったら「Save」をクリックして保存します。

「Save」を押すとウォレット接続選択画面になりますので「MetaMask」を選びましょう。

「署名」をクリックしていきましょう。

署名が成功すると、この画面になります。

コレクションに独自のコントラクトアドレスが付与されたので、画面右上の「Deploy」(配備するって意味です)をクリックします。

「Deploy」をクリックするとMetaMaskの確認画面がでます。

赤いアンダーラインがあなただけの「コントラクトアドレス」です。あとでOpenSeaで使用しますので、コピーしておきましょう。

ここで初めてガス代を使います。「最大で0.0076MATIC使うよ」となってます。
MATIC Mainnetはガス代が安いので助かる~!(^^

問題なければ「確認」をクリックしましょう。

成功しましたー、という画面のなります。

これでコレクションの登録は完了です。

次は画像の登録ですね。

デジコレ(NFT)にする画像をセッティングしよう

コレクションの登録が完了したら、早速デジコレ(NFT)にする画像を登録しましょう。
画面中央左の「New」をクリックしましょう。

各項目を説明していきますね。

「TokenID」
これは変更できません。

「Name」
この作品の名前を入力します。

「Description」
この作品がどんな作品なのかなど、作品の詳細を書くスペースです。なくてもかまいません。

「Image」
画像(イラスト)の場合はこのエリアにアップロードし「Animation URL」は空欄にします。
自分の環境だけかもですが「PNGファイル」は何をしてもアップ不可能でした、、、。
なので「JPG」に変換してアップロードしました。

「Animation URL」
動画の場合はここにアップロードします。動画のサムネイルは「Image」にアップロードします。

「Attributes」
属性(プロパティとも言う)ですね。OpenSeaでいえば、まさに「プロパティ」です。
任意なので詳細は割愛します。入力しなくても大丈夫です。

各項目入力、アップロードが終わったら「Save」をクリックしましょう。

そうするとデジコレ(NFT)Sの一覧に今登録した画像が追加されてます。

もし登録したい画像が複数あるなら、この作業を繰り返して一覧に、どんどん追加していきましょう。
あとでまとめてmintできるので、便利です!(OpenSeaはこれができない)

ちなみに画面右中央の「Grid」「Spread」を押すと、文字一覧と画像一覧を切り替えできまーす。

 

デジコレ(NFT)画像としてmint(デジコレ(NFT)化)しよう

ではデジコレ(NFT)にしたい画像を一覧で✅を付けてmintしていきましょう!

mintなのでウォレット接続の確認が入りまーす。

そしてMetaMaskの確認がきますね。

二回目のガス代です。「最大で0.002386MATICかかるよ」ってなってます。
お安いもんです。「確認」をクリックしてすすめましょう。

おめでとうございます!
無事にmintされた画像は「Minted」に✅マークが付きますよ!

OpenSeaにデジコレ(NFT)画像をインポート(取込み)しよう

OpenSea公式ページにアクセスします。

「My Collections」のページを開きます。
「Create a collection」の右側の「たて3つの点」をクリックします。

「Import an existing smart contract」を選んでクリックします。

「Live on a mainnet」を選んでクリックです。

ネットワークが「Ethereum」になっているので、クリックして「Polygon」を選択してクリックしましょう。

「Polygon」を選んだら、Chocofactoryで決めたコレクションに付与された「コントラクトアドレス」をコピペで貼り付けましょう。

無事にコレクションとして追加されました!

画像でてないけど気にしない。PolygonだしOpenSeaだから、こんなもんです(笑)

OpenSeaでデジコレ(NFT)画像を販売(listed)してみよう

では販売する方法を見ていきましょう。
登録になっている画像をクリックすると、詳細画面になります。

各種詳細を確認、入力したら画面右上の「Sell」をクリックします。
私はとりあえずなにも変更せずにSellしました。

売値を決めていきましょう。私は「0.001ETH」でセットしました。
問題なければ「Complete listing」をクリックして確定しましょう。

「Unlock」をクリックします。

MetaMaskの確認がはいりまーす。
はい、ガス代かかりますよ。「最大0.002349MATIC」です。
や、安すぎる。「確認」をクリックしてすすめましょう。

「Sign」をクリックしてすすめます。

MetaMaskの確認も、同じくはいりますよね。

どうやら成功したみたいです。よかった!(全然画像でないけど)

しっかり金額も表示されてますので、これで大丈夫です!

まとめ

今回はChocofactoryからOpenSeaまで一気にかけぬけましたね。

これであなたの大切な一枚も「世界で1点もの」として誕生させることができました。

ちなみにOpenSeaでも直接mintできますが「独自のコントラクトアドレス」ではないです。ですので、こんかいはChocofactoryでのmintとして記事にしております。(^^

当然、販売しないでデジコレ(NFT)として自分で所持するだけっていうのも全然ありです。
とにかく何でも触ってみるのがオススメです。やっていかないとイメージできないですからね。

また、ガス代として「MATIC」を少々使いますが、実は「MATIC」を準備する方法って何通りかあるんですよねー。
ですが、コインの通り道間違えると、危険な道もあったりして怖いですよね。
なので、それをまとめた記事も用意しました。

まだ「MATIC(マティック)」を買ったことがない人は、こちらからどうぞ。

https://cryptoneo.net/matic_01/

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!(^^

 

コインチェックで簡単口座開設!
コインチェック

かんたん口座開設、3ステップ!

  1. メール認証と電話番号認証をする
  2. 本人確認書類をWebやアプリで提出
  3. コインチェックで本人確認完了すれば開設完了!

 

▶️コインチェックで、サクッと口座を開設する。