CRYPTO

【仮想通貨】GOX(ゴックス)とは?

GOX(ゴックス)とは

GOX(ゴックス)とは、取引所にあずけていた資金を持ち逃げされることを言います。

GOXという名称の由来は、ハッキングにより大量のビットコインを流出させてしまったMt.GOX(マウントゴックス)社の社名からきています。

セルフGOX(ゴックス)とは

自分の送金ミスなどで資金を消失したり、引き出せなくなったりすることを、セルフGOXといわれますね。

大きな意味としては「意図せず資金を失ってしまうこと」として使われることが多いかと。

セルフGOXしてしまう状況を具体的に

GOXしてしまう状況は、

  • 取引所のアドレスに送金してしまう
  • 存在しないアドレスに送金してしまう
  • 全然知らないひとに送金してしまう
  • 違うネットワークに送金してしまう
  • ウォレットの秘密鍵を紛失して復元できなくなる

などがあります。

セルフGOXしてしまったらどうしたらいいのか

実際にセルフGOXしてしまった場合、救済措置はあるのでしょうか?

  • 取引所のアドレスに送金してしまう→取引所に相談する。
  • 存在しないアドレスに送金してしまう→諦める。
  • 全然知らないひとに送金してしまう→連絡先がわかるのであれば、相談する。連絡先が不明なら諦める。
  • 違うネットワークに送金してしまう→諦める。
  • ウォレットの秘密鍵を紛失して復元できなくなる→諦める。

いずれにせよ連絡先が不明であれば、あきらめるしかないかと。

セルフGOXをしないためには

セルフGOXを極力ゼロにするのであれば、

  • 小額で送金 → 結果を確認 → 希望金額を送金
  • 秘密鍵の徹底管理
  • 送信先アドレスを登録しておき管理する

これしかないです。

小額送金テストでも見抜けないトラップ

悪意のある改ざんされた「公式そっくり」の詐欺サイト。

仮想通貨を取り扱うサービスを展開する、公式そっくりの詐欺サイトでは小額送金パターンが通用しないケースもあります。

  1. 小額送金テスト → OK
  2. いざ本番の金額を送金 → 詐欺ウォレットに転送され取り返せない

で、爆死するパターンもあります。

これは、一定額以上の暗号資産が取引された場合に、別のウォレットへ転送させるという巧妙なトラップです。

これも大きな意味ではセルフGOXですね。

公式サイトへのアクセスはブックマークしておき、毎回そこからアクセスしましょう。

Google検索してとんだ先が詐欺サイトなんてことは普通にありますので。

取引所がGOXする可能性はあるのか

ネットで外部とつながっている限り、100%安全とはいいきれないですよね。

過去事例をまとめたツイートを紹介します。

 

まとめ

投資はDYORです。

なれている人でも、なにかのタイミングでセルフGOXしてしまった人は大勢います。

気をつけましょうね。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!(^^

 

1,500円分のビットコインがもらえる!(2022年9月30日まで)
コインチェック

かんたん口座開設、3ステップ!

  1. メール認証と電話番号認証をする
  2. 本人確認書類をWebやアプリで提出
  3. コインチェックで本人確認完了すれば開設完了!

 

▶️コインチェックで、サクッと口座を開設する。